カーヴィーフィットは上半身の引き締めにとても効果が期待できそうですよね。

上半身といっても、カーヴィーフィットはタンクトップタイプなので腕痩せはあまり期待できませんが、お腹周りはキュッと引き締めることができて、スタイルよくなれそうです。

でも、下半身は…。

下半身もヒップアップしたいし、太ももも細くしたい、最近流行りの骨盤ケアもしたいし、ふくらはぎも細くなりたい…という人も多いのではないでしょうか。

そして、下半身に効果が期待できる加圧レギンスや加圧スパッツ、加圧式骨盤ショーツなども販売されているので、そういったものとカーヴィーフィットを併せてきたらどうかな?と思う人もいると思います。

でも、加圧インナーの重ね着、重ね付けはお勧めできません。

それぞれに加圧機能がある場合、例えばカーヴィーフィットと加圧式レギンスなどを併せてしまうとお腹周り、骨盤などは二重に加圧されてしまうことになります。

加圧が強くなっていいのでは?という気もしますが、それは副作用の元。

それぞれの加圧インナーが、計算しつくされた適切な加圧機能で調節されているはずなので、重ねてつけても返って効果が半減、あるいは血行不良などの症状が出てしまうことが考えられます。

お腹や骨盤の内側には、とても大切な内臓があり、それぞれが大切な役割を果たしていますから、締め付けすぎると内臓の働きにも問題が出てくることがありますし、骨や筋肉にも悪影響が及んでしまう可能性もあります。

ですから、カーヴィーフィットを着るのであれば、加圧式レギンスでもタイツタイプではなくレッグウォーマータイプを履くなどして、二重に圧がかからないようにしてください。